よくあるご質問

保存方法・賞味期限について

開封後しばらく放置していたら表面が白っぽくなった!
室温程度の場所にこんにゃくを開封して置いておくと、表面が白っぽく変色するときがあります。
これはこんにゃくに含まれる凝固剤(水酸化カルシウムなど)が表面に浮き上がってきて起こる現象で、害になる成分や悪くなってのことではありませんのでご安心ください。
こんにゃく本来の成分によるものですので、アク抜きをしていただければ問題なくお料理にお使いいただけます。
腐ったこんにゃくの見分け方は?
腐敗しますと、こんにゃくは溶けて形が崩れ、強烈な臭いがします。開封前になんらかの理由で腐りますと、ガスが出て袋が膨らむ場合があります。 こうなった商品は絶対に口に入れないようにお願いいたします。
賞味期限が過ぎているものは食べても大丈夫?
賞味期限が過ぎたものにつきましては、メーカーとしては品質の保証ができかねます。お客様で色・におい等をお確かめいただき、ご判断ください。
使いかけのこんにゃくの保存方法は?
タッパー等の容器に入れ、こんにゃくが浸る程度の水(水道水で大丈夫です)を入れて冷蔵庫で保存してください。できるだけ早く、ニ・三日から一週間を目処にお召し上がりください。
開封前の保存方法は?
直射日光を避け、涼しい場所で保管してください。開封前なら冷蔵庫に入れる必要はありません。
こんにゃくは冷凍保存できる?
冷凍するとこんにゃくに含まれている水分が凍り、食感が大きく変わります。また、水分が抜けてしまい、解凍しても元のこんにゃくには戻りません。召し上がるのに問題はありませんが、味や食感が大きく変わりますのでご注意ください。
こんにゃくを開封したら臭い!
こんにゃく芋に含まれるニオイ成分と、凝固剤の水酸化カルシウム等が反応して独特の臭いになります。未開封で保存方法を守っていただいており、賞味期限内であれば、品質に問題はございません。

調理方法について

下ごしらえ(アク抜き)しないとこんにゃくは体に毒?
アク抜きをしないと食べられない、体に悪い、ということはありません。ですが、風味や味しみがよくありませんので、おいしく召し上がるためにアク抜きをお勧めいたします。
アルミ製の鍋でこんにゃくを茹でたら鍋が黒くなった!
アルミ製の鍋の表面がこんにゃくのアルカリ性と反応し、まれに黒っぽくなるときがあります。特に害のある変化ではありませんが、そのままにしておきますとお鍋が傷みやすくなりますので、お酢やレモン汁を入れた水を煮立たせて中和させますと元の色に戻りやすくなります。
こんにゃくの下ごしらえ(アク抜き)の方法は?
「塩でもむ」「1-2分ほどゆでる」「フライパンで表面が乾くまでカラ煎りする」等の方法があります。アク抜きをすることでニオイが消え、味しみがよくなって一層おいしくお召し上がりいただけます。
こんにゃくと野菜を一緒に料理していたら指先が変色していた。大丈夫?
食材の成分と、こんにゃくのアルカリ性が反応し、変色した食材の一部や水分が指に付いた状態かと思われます。水で洗い流していただければ問題なく、色も落ちますのでご安心ください。
他の食材と一緒に調理したら色が変わった。食べられる?
食材の成分と、こんにゃくのアルカリ性が反応して色が出ている状態です。こんにゃくや食材の味や成分に影響はありませんので、お召し上がりいただいても問題ありません。しかし色が変わっておいしそうではなくなるのはよくありませんので、調理前にこんにゃくのアク抜きをされることをお勧めいたします。

栄養・ダイエット関連について

ダイエットのとき、こんにゃくは沢山食べても大丈夫?
こんにゃくに含まれる食物繊維「グルコマンナン」は、腸内でコレステロールや老廃物を吸着して体外に排出する働きがありますが、食べ過ぎると体に必要な栄養素まで排出させてしまう場合があります。また、食物繊維を摂り過ぎて腸閉塞(腸が詰まってしまうこと)を起こすこともあります。食べ過ぎず、適度な量をおいしくお召し上がりください。
こんにゃくの栄養を教えてください
こんにゃくは90%以上が水分で、食物繊維とカルシウムが残りの大部分を占めています。「グルコマンナン」というこんにゃく芋由来の食物繊維が豊富に含まれていて、腸内環境を整えるのに最適な食物です。
ダイエットしたいとき、こんにゃくはどれくらい食べればよいですか?
こんにゃくの主成分であるグルコマンナンの1日あたりの摂取量の上限は、1日あたり大体4g-5gほどです。これを超えますと必要な栄養成分も排出させてしまう可能性があります。この上限量はこんにゃくに換算しますと250g程度となりますので、1日に一般的な板こんにゃくを1枚ほど召し上がるのがちょうどよい量になります。
こんにゃくはなぜダイエットによいのですか?
こんにゃくは低カロリーなのにお腹でふくらむので腹持ちがよく食べ過ぎを防止し、調理のバリエーションが多くて食べ飽きません。また白米に混ぜてかさ増しする等により、自然に食材を減らしてカロリーダウンすることもでき、食物繊維によって老廃物の排出をうながす効果も期待できます。

原料・アレルギーについて

こんにゃくの原料はなに?
こんにゃくは、サトイモや山芋の仲間の「こんにゃく芋」をすり下ろし、アルカリ性の凝固剤で固めて作ります。凝固剤で固まる途中でこんにゃく芋に含まれる「シュウ酸カルシウム」が無害化し、食べられるようになります。
こんにゃく芋はそのまま食べられる?
こんにゃく芋には「シュウ酸カルシウム」という有害な成分が含まれ、万が一食べた場合は口の中から喉などにひどい痛みと腫れが広がり、最悪の場合は死んでしまうこともあります。火を通してもシュウ酸カルシウムはなくなりませんので、こんにゃくに加工していないこんにゃく芋は、絶対に口にしないでください。
こんにゃくに黒い粒や糸くずのようなものが入っている。これはなに?
黒い粒は着色のために混ぜ込んである海藻によるものです。また白い糸くずのようなものは、こんにゃく芋に含まれる食物繊維が固まったものです。安心してお召し上がりください。
アレルギー物質は含まれていますか?
法律によって表示が義務付けられている「特定原材料」が含まれる場合には、商品パッケージに記載しています。特定原材料以外の原料・使用材料に関しましては、商品名を添えてお電話かお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

その他ご質問

材料の原産地を教えてほしい
商品によりまして異なりますので、お手数ですが商品名を添えてお問い合わせください。
マルフク食品の商品はどこで買える?
全国の有名スーパーを中心に広くお取扱をいただいています。お問い合わせいただきましたら、お客様がお住まいの地域の取扱店をお知らせさせていただきます。お気軽におたずねください。
またはマルフク食品オンラインショップにて販売しています。こちらもご利用ください。

〒510-0034 三重県四日市市滝川町7番13号

TEL : 059-331-3061(代) /FAX : 059-331-4281