下ごしらえ(アク抜き)しないとこんにゃくは体に毒?
アク抜きをしないと食べられない、体に悪い、ということはありません。ですが、風味や味しみがよくありませんので、おいしく召し上がるためにアク抜きをお勧めいたします。
アルミ製の鍋でこんにゃくを茹でたら鍋が黒くなった!
アルミ製の鍋の表面がこんにゃくのアルカリ性と反応し、まれに黒っぽくなるときがあります。特に害のある変化ではありませんが、そのままにしておきますとお鍋が傷みやすくなりますので、お酢やレモン汁を入れた水を煮立たせて中和させますと元の色に戻りやすくなります。
こんにゃくの下ごしらえ(アク抜き)の方法は?
「塩でもむ」「1-2分ほどゆでる」「フライパンで表面が乾くまでカラ煎りする」等の方法があります。アク抜きをすることでニオイが消え、味しみがよくなって一層おいしくお召し上がりいただけます。
こんにゃくと野菜を一緒に料理していたら指先が変色していた。大丈夫?
食材の成分と、こんにゃくのアルカリ性が反応し、変色した食材の一部や水分が指に付いた状態かと思われます。水で洗い流していただければ問題なく、色も落ちますのでご安心ください。
他の食材と一緒に調理したら色が変わった。食べられる?
食材の成分と、こんにゃくのアルカリ性が反応して色が出ている状態です。こんにゃくや食材の味や成分に影響はありませんので、お召し上がりいただいても問題ありません。しかし色が変わっておいしそうではなくなるのはよくありませんので、調理前にこんにゃくのアク抜きをされることをお勧めいたします。